現在の位置 : ホーム > 強化指定クラブ > ラグビー留学・定期報告 No.4

ラグビー留学・定期報告 No.4

更新日:2017年07月21日

NZ留学中の新井くんと齊藤くんからコメントが届いたので紹介します。

齊藤誉哉くんから

 

この留学プログラムでのニュージーランドの生活も残り1ヶ月となりました。
最近では試合中に日本人と喋る時も英語でコミュニケーションをとったり、夢にでてくる人が英語を喋っていたりと英語に染まりつつあります。
ホストファミリーや現地の生徒との会話も慣れて、言いたいこと、言っていることが理解でき、伝わっているのが分かります。
来る前は不安だらけでしたが、今では毎日が楽しくなりました。
NZでの自分の大きな課題として「声を出して英語でチームメイトとしっかりとコミュニケーションをとる」がありました。
そのため、声を出すということを意識してセッションや試合に望んでいました。
最近では声を出すということが褒められるようになり、成長したと実感しました。
このまま継続していきたいです。
あと1ヶ月しかないこのプログラム、後々後悔しないよう日々を大切に、毎日アグレッシブに大怪我をしないようこれからも頑張っていきます。
I have been in New Zealand for four months.
I have gained new skills such as pass skills.
And I enjoyed staying with my host family and IRP students.
I will do my best final one months.

新井穂くんから

 

ラグビープログラム生以外の外国人とも友達になり今まで以上に充実した学校生活を送っています。
1日のうち、外国人と話すことが多いので英語の会話が普通となり、頭の中で英語を聞き取り、日本語に訳して、英語で返すという作業が速く出来るようになりました。
練習や試合など最初はコミュニケーションが取れない場面もありましたが、今では上手にコミュニケーションも取れるようになり、思ったことも伝えられるいい状態になってきたと思います。
現在チームは4勝1分でリーグ1位ととても良い状況にいます。
自分自身も全試合7番でフル出場出来ているのでとても嬉しいです。
このままリーグ1位でいられるように日々の練習から手を抜かず頑張りたいです。
現在は肩を怪我してしまい、コンタクトプレーは出来ませんが、自分が出来るサポートやトレーニングを行い、治った時に良いコンディションでチームに合流できるようにしたいと思います。
自分に必要な技術は何か?何を今すればいいのか?を常に考え、残りの時間を過ごしたいと思います。
It’s hard to Believe I’ve been have in New Zealand for four months now, with only one months to go.
I’ve learned so many vavious things during this time.
With only one months remaining, I realise I must give it my all in order to become a strong rugby player.
In this endeavour I shall enjoy each day of my final one months here in New Zealand.

No.1の記事はこちら→http://www.kiriichi.ac.jp/club/11139.htm
No.2の記事はこちら→http://www.kiriichi.ac.jp/club/11553.htm
No.3の記事はこちら→http://www.kiriichi.ac.jp/club/12293.htm