現在の位置 : ホーム > 製菓衛生師コースのBLOG > オープンスクール質問コーナー②先輩へ          『未経験者でも大丈夫?』 

オープンスクール質問コーナー②先輩へ          『未経験者でも大丈夫?』 

更新日:2017年08月30日

先日行われた、第1回・第2回オープンスクールにおいては多くの中学生・保護者の皆様に参加していただき誠にありがとうございました。そのスケジュールの中での《なんでも聞いてみよう》コーナーが時間の都合上お答えできずにいましたのでこの場で随時お答えしていきたいと思います。先輩たちが質問に答えてくれました。

 

 

Q未経験でも大丈夫ですか? 

A大丈夫です。私も初心者でしたが、先生方が丁寧に教えてくれるので安心してできます。

 

Q今、製菓衛生師コースか調理科で迷っています、先輩はどうして製菓衛生師コースに決めたのでしょうか?

Aパティシエ・調理師どちらも誰かを笑顔にさせる仕事です。私は自分の作ったもので誰かを笑顔にさせたく入学しました。そしてお菓子作りが好きで学びたいと思い製菓衛生師コースに決めました。

 

Q甘い物が苦手でも製菓コースでやっていけますか? 

A甘すぎるのが苦手な人はいますがパンが好き、和菓子が好きと種類によって好きなものが違う人もいるので自分が好きといえるものを製菓コースに入学して探してみてはどうですか?

 

Q部活と勉強はどうやれば両立できますか?

A自分の中でけじめつけてやることが大切です。私は『部活から帰って、最低2時間は勉強する。』など自分でルールを作っています。授業が7時間ありますが是非部活動への入部を待っています。

 

Q実習で作ったものの中から一番おいしかったものは何ですか? またおいしくなかったものはなんですか?

Aおいしくなかった物はないですが、人それぞれ好みがあるので、みんなで感想を言い合ってそれを発見することができます。一番おいしかったのは『シュークリーム』です。簡単そうに見えましたが作るのは難しく上手にできた時はすごくおいしかったです。

 

Q実習で作ったものの中から一番難しかったものは何ですか?

A和菓子の包餡です。ソレイユというダコワーズ生地にクリームを絞ってフルーツを乗せたケーキです。

 

Q実習で一番うれしかったこと、大変だったことは何ですか

Aうれしかった事は班で作ったものが上手につくれた時です。そしてお菓子について調べたり・勉強している時がとても楽しいです。

大変だった事は作業中の温度調整です。・実習以外の専門知識の学習です。食の安全知識を学ぶことの大切さが必要と感じました。

 

Q製菓コースに入学して良かったこと、辛いことは

A良かったことは、自分の好きな事が学べることです。 辛いことは7時間授業ですが、慣れれば大丈夫。