現在の位置 : ホーム > 調理科のBLOG > 2・3年調理科:『天津飯』『ポールアラコルドンブル』

2・3年調理科:『天津飯』『ポールアラコルドンブル』

更新日:2017年05月17日

5月16日(火) 2年調理科
中華料理屋さんで良く見る天津飯ですが、中国料理ではなく、日本で考案された料理です。(諸説あり)
あんかけをかける料理ですが、関東と関西で餡が違います。
関東はケチャップの効いた餡、関西は塩風、醤油風の餡があります。
今回は関東風のケチャップの入った甘酢あんかけで仕上げました。
カニの入った卵にとろとろのあんかけで、相性抜群の一品でした。

5月16日(火)、3年調理科
見た目も美しいポールアラコルドンブルを作りました。
メインの食材だけではなく、付け合せも料理を演出する大切な役割の一つです。
細かいところまで丁寧に作業をします。