現在の位置 : ホーム > よくある質問

よくある質問

Q. 毎年何人くらいの人が入学しますか。クラス数は何クラスですか。

A. 今年度(2016年度)の新入生は403名です。現在の各学年別クラス数は、1年生:13クラス、2年生:16クラス、3年生:16クラスです。全体で1373名(4月現在)の生徒が在籍しています。

Q. 修学旅行はどこに行きますか。

A. コースにより異なります。2016年度については、特別進学コースがニュージーランド、進学スポーツコースがグアム、総合コースがカナダ、製菓衛生師コースと調理科が台湾を予定しています。しかし国際情勢を考慮し安心安全を基本として、今後は訪問先変更を計画しています。

Q. 髪型は自由ですか。

A. 変形刈り、パーマ、染色・脱色、エクステンション等は禁止です。

Q. 携帯電話は持っていってもいいですか。

A. 学校内での使用は禁止です。朝のホームルームで担任の先生が回収し、終礼時に返却します。

Q. アルバイトは許可されていますか。

A. アルバイトは原則として禁止。ただし、家庭事情等により許可された場合のみできます。

Q. クラスの男女比はどのくらいですか?

A. 男女比はおよそ1:1です。ただし、進学スポーツコースは男子のみ。二年次から各系に分かれて専門授業を受ける総合コースは、その系ごとに男女の割合は大きく異なります。

Q. 地方出身ですが、寮はありますか?また下宿の斡旋などはしてくれるのですか?

A. 進学スポーツコース以外の生徒のための寮はありません。また、下宿については事務局へお問い合わせください。

 

オープンスクールで出た質問

平成28年度オープンスクールに参加した生徒の皆さんから出た質問と回答です。

Q.部活は作れますか。

A.やる気のある生徒が集まれば作れます。最近では女子サッカー部やボウリング部が新しく作られました。どのような部活動があるかは、「部活動」のページをご覧ください。

Q.部活動には必ず入らなければいけないのですか。

A.入部は自由です。できるだけ加入して有意義な高校生活を過ごしてほしいと願っています。

Q.入学金、授業料はどれくらいかかりますか。

A.入学金、授業料等については、「通学するための費用等」のページをご覧ください。

Q.男女の比率はどのくらいですか。

A.現在の男女の人数の比率はおよそ6:4です。
クラスでの男女比はおよそ1:1です。ただし、進学スポーツコースは男子のみ。二年次から各系に分かれて専門授業を受ける総合コースは、その系ごとに男女の割合は大きく異なります。

Q.調理科に入ったら必ずそういう仕事についたほうがいいですか。

A.卒業後の進路は自由です。大学に進む生徒もいます。就職の場合でも、調理系以外の職種に就く生徒もいます。それぞれの希望に合わせた進路指導を行っています。

Q.一番難しいと思われる料理は何ですか。

A.どの料理が難しいというものはありませんが、入学してまず包丁に慣れるところから始まり、段階を追って次第に難易度の高い調理をしていきます。

Q.どんなに調理が下手でも資格をとれますか。

A.調理科のすべての単位を修得すれば卒業と同時に調理師免許が取得できますが、実技試験もあります。放課後や自宅で練習をしている生徒がたくさんいます。

Q.将来は看護師、薬剤師になりたいと思っているのですが、情報ビジネス系にも興味があり、情報ビジネス系でも桐生大学への進学はできますか。

A.卒業後の進路はさまざまです。系選択をする際、それぞれの希望と適性に応じた指導を行っています。

Q.前回9月の調理科の説明会に参加できませんでした。今回のオープンスクールと違って特別な話があったのでしょうか。

A.9月の説明会では調理科のカリキュラムについても詳しく説明をさせていただきました。

Q.部活動の実績が知りたいです。

A.「部活動」のページから各部活動の実績がご覧いただけます。

Q.調理科または調理部は、授業外で自炊する事は可能でしょうか。

A.授業外での自炊は出来ません。

Q.推薦ではないと調理科は受かりにくいですか。

A.推薦入試の方が合格しやすいことは事実です。

Q.進学系卒業後に4年制大学ではなく短期大学を目標としているのですが大丈夫でしょうか。

A.進学コースは、大学への進学を目指す生徒が多く集まるコースですが、短大・専門学校に進学する生徒もいます。

Q.学食はありますか。設置する予定はありますか。

A.学食はありませんが、お昼休みにパン販売があります。校舎内に清涼飲料水の自動販売機も設置されています。

Q.チアリーダー部に入るといくらくらいかかりますか。

A.部費は徴収していません。個人で必要なシューズ、練習着等のみ購入していただいています。チアリーダー部の紹介はこちらをご覧ください。