強化指定-陸上競技部

陸上競技は運動の原点である「走る・跳ぶ・投げる」から構成されている競技です。
高校からは中学校の時には無い種目もあり、競技経験がなくても努力することによって可能性は無限に広がる競技です。
これまでも中学校時代は陸上以外の部活に所属していた生徒が全国大会で入賞することができたことは何度もあります。
全国大会で準優勝を含む10年連続出場を果たすなど、歴史のある部です。
桐生市営陸上競技場を中心に全国大会や関東大会での入賞を目指し、部員全員で切磋琢磨しています。 

_DSC4308
陸上を通じて心身を鍛える喜びを知り失敗を恐れず情熱を持って挑戦してほしい。

■ 陸上競技部監督 岩脇正和
大学卒業後、教員を続けながら37歳まで22年間第一線で現役生活(やり投げ、国内ランク最高3位)を続けてきました。長く競技を続けることで人生を切り開くことができる、その見本を示したいという思いでした。たとえ中学で陸上経験がなくとも、礼儀など日常生活の見直しから始め、心身の鍛錬を積むことで全国大会出場を成し遂げた生徒も多くいます。

紹介ムービー

※ムービーが上手く再生されない方は、こちらからダウンロードしてご覧ください。

年間活動予定 

4月  春季陸上競技記録会、高校総体地区予選  10月  高校強化大会 
5月  群馬県高等学校総合体育大会  11月  県高校駅伝大会 
6月  関東高校総体、群馬県選手権大会  1月  県高校新人駅伝 
7月  国民体育大会群馬県予選会  2月  ジュニアロードレース 
8月  全国高校総体  3月  中・長距離記録会 
9月  学校対抗陸上競技大会、高校新人大会     

実績

全国高等学校総合体育大会 八種競技 準優勝
日本ジュニア選手権 十種競技 入賞
国民体育大会 砲丸投 入賞(2名3回)
関東高等学校陸上競技大会 砲丸投 優勝
関東高等学校新人陸上競技大会 砲丸投・やり投 優勝
県高校駅伝大会 準優勝
平成23年度 関東高等学校新人陸上競技大会 女子やり投 第3位
平成23年度 第64回関東高等学校陸上競技大会 出場(女子槍投げ)
平成24年度 第65回関東高等学校陸上競技大会 出場(男子砲丸投げ、男子砲丸投げ、男子走り高跳び、男子ハンマー投げ、男子円盤投げ、女子槍投げ)
平成25年度 第66回関東高等学校陸上競技大会 出場
平成25年度 インターハイ出場 (男子砲丸投げ、男子円盤投げ)
平成26年度 第67回関東高等学校陸上競技大会 出場
平成26年度 インターハイ出場 (男子砲丸投げ、男子円盤投げ)
平成27年度 第68回関東高等学校陸上競技大会 出場
平成27年度 インターハイ出場
平成28年度 第69回関東高等学校陸上競技大会 出場(砲丸投げ、円盤投げ、三段跳、ハンマー投げ)
平成28年度 第20回関東高等学校選抜新人陸上競技選手権大会 円盤投げ第3位

Photo

陸上競技部 陸上競技部 陸上競技部 陸上競技部
athletics04 athletics05 athletics01 athletics02
2015052507 2015052510 athletics06 athletics07