現在の位置 : ホーム > スクールライフ > 先輩プロの声 > 鈴木 武蔵 アルビレックス新潟

ここぞというときにシュートを成功できるフォワードを目指す 鈴木 武蔵 アルビレックス新潟

2017soccer02

小中学校時代から漠然とサッカー選手になりたかったのですが、キリイチに進学し、学年を重ねるごとに夢の実現に近づいていきました。
監督・コーチの指導は厳しく、入学当初は辛いと感じていましたが、毎日コツコツと練習に取り組み、基本技術の習得や戦術理解の重要性が分かるにつれ、徐々にサッカーの楽しさも理解できるようになったのです。
プロは結果が厳しく問われる世界。チームの勝利に貢献するためには、試合に向け、身体・メンタルのコンディションを万全にしなければなりません。
キリイチ時代に学んだ基本がいまに生きていますね。

2017soccer03 2017soccer04

Teacher’s Comment

在学中から非常に高い意識を持って練習に取り組んでいたのが印象的な鈴木君。3年次にU -17ワールドカップ出場後、飛躍的に成長したのを覚えています。選手権では、エース・ストライカーとして活躍し、対戦相手を翻弄。初出場ながら全国ベスト8躍進に貢献してくれました。華やかな活躍は、基本を大切に地道な練習に励んでいたからこそ。現在プロとして活躍し、後輩たちの良い目標となっています。将来は日本代表として活躍してほしいですね。

進学スポーツコース主任 田野 豪一

Profile

1994年ジャマイカ生まれ、太田市出身。2009年、進学スポーツコースに進学。U-16、U-17日本代表に選出され大活躍し、爆発的なスピードが注目を浴びる。2011年、前橋育英を倒し、全国高校サッカー選手権大会初出場、ベスト8の原動力に。大会優秀選手に選出。2012年アルビレックス新潟に加入。U-20、U-22、U-23の各日本代表に選ばれるなど、将来が期待されるフォワード。