現在の位置 : ホーム > スクールライフ > 先輩プロの声 > 剱持 秀行 R-BLUE

剱持秀行 R-BLUE

剱持秀行

1年次はデザイン美術系で色やデザインなどの基礎を学び、2年次から生活教養系で服飾を学びました。県内でこれほど専門的に学べるところはキリイチしかないと思います。思い出は、やはりファッションショーですね。みんなでデザインやショーの構成を考えるのがとても楽しかったです。先生ともかなり仲が良くて、授業のことでなくても何でも相談できました。高校卒業後に専門学校で学ぶという選択もあるとは思いますが、10代後半の多感な時期にベースとなる知識を身につければ、自ずと感性も磨かれ、仕事を始めてから大きく差が出ると思います。特にこういった専門的な仕事であれば尚更ですね。自分の手で人を綺麗にできるということが、一番のやりがいです。

剱持秀行

Teacher’s Comment

入学時より他を圧倒する雰囲気を持っていました。しかし彼の内面は、それとは裏腹に非常に繊細な気持ちの持ち主だったのです。1番の思い出は、生活教養系の最大のイベントであるファッションショーでの出来事です。24名の女子全員のヘアースタイル、メイクを殆ど一人で担当していたのがとても印象に残っています。この頃から君の才能が開花していたのかもしれません。

学級担任 小保方 重夫

Profile

剱持 秀行(けんもち ひでゆき)
スタイリスト
桐生第一高校卒業後、仕事をしながらヘアメイクを学ぶ
ヘア&ネイルサロン「R-BLUE」代表
サロンでの仕事の他、ヘアメイク、ファッションスタイリング、PR、美容アドバイザーと、多方面に活躍中

2014.6.16 R-BLUE