現在の位置 : ホーム > 特別進学コースのBLOG > 中高一貫コース・特別進学コースの生徒が群馬大学・世界脳週間に参加してきました

中高一貫コース・特別進学コースの生徒が群馬大学・世界脳週間に参加してきました

更新日:2015年05月01日

4月29日(昭和の日)群馬大学医学部で行われた世界脳週間というイベントに中高一貫コース・特別進学コースの高校生10名が参加してきました。

脳001脳002
午前の部の講演では「脳の電気活動を測る」というテーマでヒトの感情をつかさどる脳内の化学物質を測定するという講演と「睡眠を科学する」という講演を聴講しました。
睡眠の講演では,記憶を定着させるために睡眠が必要なこと。
睡眠負債といって睡眠時間が少なかった後には,長い睡眠を欲するようになることなど聴講する生徒にとって大変興味深いお話を聞くことができました。   
脳003

午後は,群馬大学のゲノムリソースセンター(遺伝子の研究をするところ)と群馬大学病院にあるPET-CTの施設見学をしました。
ゲノムリソースセンターでは遺伝子操作で光るようになったマウスや遺伝子操作の方法,遺伝子の研究法とそれに使用する機器を見学しました。
PET-CTは通常のCTよりも詳しく体内の内部映像を映し出す機械です。
5mm以下のガンを発見できます。
検査台に乗せてもらって,CTにかかるという貴重な体験をさせてもらいました。
脳004
最後に案内してくれた群大医学部の学部生が,受験についてや高校時代の勉強法などを話してくれ,とても有意義な時間を過ごすことができました。

脳週間2015ポスター 公開講座なし