現在の位置 : ホーム > News > ラグビー部パートナーシップ協定についてのページを追加しました

ラグビー部パートナーシップ協定についてのページを追加しました

更新日:2017年01月31日

ラグビー部パートナーシップ協定についてのページを追加しました。

高校生のラグビー留学先として世界的な名門校であるバーンサイド高校(ニュージーランド・クライストチャーチ)と本校は、ラグビー選手の育成強化を目的としたパートナーシップ協定を結んでおります。具体的には、近県5県(群馬・栃木・埼玉・長野・新潟)の学校法人の生徒において、バーンサイド高校が運営するラグビー留学プログラムへの参加を希望した際においても、本校の生徒以外は受け入れないというものです。本校のラグビー部監督である霜村誠一(元パナソニック・ワイルドナイツ)との関係から、2016年よりこの名門校への生徒の留学が実現できました。そして両校の合意により同年9月に正式な形で協定が締結されました。

留学イメージやプログラム担当者マーク・イーリ氏のコメントなど、詳しくはこちらをご覧ください!

ラグビー部 パートナーシップ協定 バーンサイド高校(NZ)