学校法人 桐丘学園 桐生第一高等学校

3×3バスケットボール部

高校バスケ界「日本初」となる3x3バスケ部創設&新ユニフォーム!

4月13日(金)、高校バスケ界「日本初」となる、3x3バスケットボール部の創設と新ユニフォーム発表の記者会見が本校で行われました。
新チーム名は「ブルートルネード」。そして心機一転した新ユニフォームのお披露目です。

“竜巻”をイメージさせる瞬発力やスピード感、力強さを学園カラーと合わせたデザインになっています。

 
 

 

校長先生の「バスケットボール部の更なる強化の方針」につづいて、近藤洋介ゼネラルマネージャー(GM)より詳細な次のような発表がありました。

「エンジョイ!バスケットボール」を指導方針とするその結果として全国優勝を目指す
高校バスケ界「日本初」となる3×3バスケットボール部の創設 ⇒新ユニフォームの発表
バスケ世界NO.1のアメリカで採用されている短時間での指導方式の導入(週休2日・1日4時間練習 <チーム:2時間30分/個人:1時間30分>)
スポーツ庁(3/17付)公示の「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」に合致した運営方針で設計し実施、これからの高校バスケットボール部のモデル校とする
専門の技術コーチを含めた新指導体制の発表
(GM・部長・ヘッドコーチ・スキルコーチ<シューティング・ドリブル・1on1・ストレングス&コンディショニング>)
将来構想として、本校舎・体育館を使った地域連携事業の展開

 

専属のコーチ陣の紹介です!

新ヘッドコーチ 岡田研司

高校バスケットボール界で「最年少ヘッドコーチ」となる。(24歳/2018年4月現在)バスケットボールの名門、日本大学バスケットボール部在籍中に学生コーチとして活躍。当時のチームヘッドコーチであったバスケットボール元日本代表の網野友雄氏と共に、2部から1部へ昇格をさせた実績を持つ。海外の指導方法、特にアメリカ型の指導法を積極的に取り入れている。大学卒業後は、Bリーグ1部所属の栃木ブレックスの運営会社でホームゲームの運営及びブレックスアカデミーもコーチとしてプロバスケットボールチームの運営に関わり、Bリーグ初代チャンピオンチームのスタッフとして活躍、本年4月1日付で桐生第一高等学校の社会科教師として着任、新ヘッドコーチに就任した。

ドリブルコーチ 石杜駿 (岩手県出身)

バスケットボールスキルアップコーチ/ギネス世界記録保持者
バスケットスキルアップ道場 もりもり部屋 主宰
ミニバス時代に全国3位となり、中学、そして東北高校バスケ界の名門 盛岡南高校で岩手県準優勝を経験、その後は群馬大学へ進学し、桐生市に住みながらハンドリングとドリブル技術が融合されたフリースタイルバスケに転向、2016年にはトロントで開催されたNBAオールスターゲームのセンターコートでパフォーマンスを披露、自身の主宰するスクールでドリブル技術を伝承する活動を全国で行う。

ストレングス&コンディショニングコーチ 井上涼上馬

NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト
株式会社PHYSIOFLEX 代表取締役/日本テニス協会 登録フィジカルコーチ
B1 シーホース三河 キャプテンの狩俣昌也選手を始め、数々のプロバスケットボール選手もクライアントとして契約し、アメリカに本部がある研究機関「ナショナル・ストレングス・アン
ド・コンディショニング・アソシエーション」(NSCA)が傷害予防とスポーツパフォーマンス向上を目的とした、安全で効果的なトレーニングプログラムを計画・実行する知識と技能を有
する人材を認定する資格を持ったスペシャリスト。日本国内では1700人しかいない資格者のうちの一人。

 

心機一転したバスケットボール部、創部された3x3バスケットボール部の今後の活躍にご期待ください!

ページの先頭へ移動