現在の位置 : ホーム > デザイン美術系のBLOG > 桐生短大 アート・デザイン学科の大日向先生に講師として来ていただきました

桐生短大 アート・デザイン学科の大日向先生に講師として来ていただきました

更新日:2017年09月05日

8月29日(火)、5・6限目、2学期最初の2年デザイン美術コースの授業では、桐生大学短期大学部 アート・デザイン学科の大日向先生に講師として来ていただきました。


写真撮影の技術入門をテーマに特別授業を聞きました。
3~4人のグループに別れ、デジタル一眼レフの基本的な使い方から学びました。
慣れてきたらシャッタースピードや露出、アングルやピントを工夫したり、ライトを使って人物や静物を立体的に撮影をしました。皆さん楽しそうにデジタル一眼レフで撮影をしていました!
授業の後半では、スクリーンを使って生徒が撮った写真の紹介をしました。
今回の授業でカメラの基本的な機能や表現方法などを学ぶことができ、大変勉強になりました。

来週からは『ボックスアート』という物や光で空間を演出する課題に取り掛かかります。
完成した『ボックスアート』を一眼レフを使用して写真を撮りますので、今日学んだことを是非活かしてください。