学校法人 桐丘学園 桐生第一高等学校

受験生応援サイト桐生第一高等学校

よくある質問FAQ

入試・学費について

出願について

Q.出願期間を教えてください

A.募集要項に記載されている期間内に中学校を通して提出してください。入試区分により期間が異なりますので気をつけてください。
募集要項は5月頃に発表させていただきます。

Q.どちらに願書を提出すればいいのですか

A.在学している中学校でとりまとめて出願されます。

Q.桐生第一高校に直接願書を郵送したり持参したりはいけないのでしょうか

A.出願のときには、中学校の先生に用意していただく書類があります。必ず、在学している中学校の先生経由で提出してください。

Q.2次募集の出願方法について教えてください

A.在学している中学校の先生・保護者とよく相談したうえで、中学校を通して提出してください。
単願となりますので、合格の場合は入学手続きをする事が条件となります。

入学試験について

Q.入学試験の日程を教えてください

A.1月上旬に、特待入学試験と推薦入学試験を行います。特待入学試験は午後までありますので、昼食を持参してください。1月下旬に一般入学試験を行います。

Q.推薦入試と特待入試の試験日は同日ですが、その2つの入試の違いは何でしょうか

A.推薦入学試験は3教科、特待入学試験は5教科の学科試験となります。試験は同時に実施します。最初の国語・数学・英語の3教科は同一問題です。
学科試験後の面接試験は、推薦入学試験は個人面接、特待入学試験は集団面接です。

Q.第一希望は公立高校ですが、その場合は特待入学試験と一般入学試験のどちらを受験すればいいのでしょうか

A.まず、特待入学試験を受験し、併願合格を目指してください。成績優秀者には恩典(特別奨学生)があります。
また、一般入学試験の再受験は無料で受験できます。

Q.進学スポーツコースを希望しています。推薦入学試験や一般入学試験での受験はできないのでしょうか

A.進学スポーツコースは、特待入学試験だけの募集です。ただし、受験状況によって、2 次募集を実施する場合があります。

Q.調理科と製菓衛生師コースの受験は単願のみ受け付けると聞いていましたが、併願も可能なのでしょうか

A.現在は併願での受験も可能となりました。単願希望の方は、推薦入学試験で受験し、併願希望の方は、特待入学試験を受験してください。
定員が少ないのでこのコースへの入学希望の強い方は推薦入学試験をおすすめします。

Q.2次募集とはどういった募集でしょうか

A.公立後期選抜試験(群馬県の場合)の合否発表後、進学先の高校がない中学生の皆さんのためのものです。

試験方法について

Q.必ず面接試験があるのでしょうか

A.試験方法によって個人面接か集団面接がすべての試験にあります。

Q.面接試験の内容はどのようなものでしょうか

A.志望理由などの一般的な質問をします。

Q.推薦入試でも学科試験があるのでしょうか

A.3教科(国語・数学・英語)の学科試験があります。

Q.特待入試の学科試験は何教科でしょうか

A.5教科(国語・数学・英語・社会・理科)です。難易度も、公立の試験に合わせたものになっています。

Q.一般入試の“総合基礎力試験”とはどのようなものでしょうか

A.5教科(国語・数学・英語・社会・理科)の基礎的な問題をひとつの試験にまとめたものです。

Q.過去の入試問題の入手方法を教えてください

A.過去入試問題集を書店で販売していますのでお問い合わせください。

合格発表について

Q.合否基準について教えてください

A.筆記試験の結果・面接の結果・調査書を総合的に判断して合否を決定します。

Q.合格発表はどのように実施されますか

A.中学校にまとめて合否通知を送付しますので、中学校の先生を通じて受け取ってください。
なお、2次募集については、試験当日の午後に掲示発表します。

Q.試験区分毎の定員はありますか

A.特にありません。

入学手続について

Q.手続期間とその締切日を教えてください

A.募集要項に記載されている手続日に手続をしてください。
手続日までに入学手続金の振込と月々の経費の振替口座の開設をしてください。
条件付き合格の場合は手続き日が決まっていますので注意してください。

Q.手続期間の延期は可能ですか

A.できません。なお期日までに手続が完了されない場合は、残念ですが合格取り消しとなります。

学費や奨学金について

Q.高校入学するにあたって、公的な奨学金はありますか

A.群馬県私立高等学校等奨学生のための給付金制度があり、所得に応じて、最高、年間138,000円の給付金が支給されます。
また、私立高等学校等入学金減免事業があり、所得に応じて、入学金のうち60,000円または、30,000円の補助があります。
詳細については、入学後にご案内いたします。

Q.単願手続によって奨学金の種別がランクアップすると聞きました

A.特待入学試験で特別奨学生として合格した生徒が、単願手続日または前期併願手続日に、早めに手続した場合は1ランクアップします。特別進学コースと総合コースが対象です。

Q.学費の支払い方法について教えてください

A.毎月、指定された日に口座振替にて納入していただきます。

Q.奨学金制度について教えてください

A.筆記試験と面接の結果・調査書を総合的に判断して、成績優秀者に付与します。

Q.提携教育ローンとはどのようなものでしょうか

A.本校は、群馬銀行、オリエントコーポレーションと直接、提携しています。一般の教育ローンよりも安い金利で利用できます。ただし、審査があります。

Q.兄弟姉妹が卒業生です。割引制度はありますか

A.特にありません。ただし、兄弟姉妹が在校生の場合は、割引制度があります。

Q.親が卒業生です。割引制度はありますか

A.親(保護者)か本人が、桐丘学園の卒業生(同窓生)の場合、割引制度があります。詳しくは、入学後、お問い合わせください。

学校生活について

学校生活全般

Q.どの地域から通学している生徒が多いですか

A.例年、前橋と伊勢崎からの通学者がそれぞれ100名程度、桐生が70名程度です。次いで、みどり市、太田市、高崎市となります。県外からも栃木を中心に50人程度、通学しています。
また、本校にしかない調理科や製菓衛生師コースには遠方からも通学しています。

Q.寮はありますか

A.進学スポーツコースの生徒のみの寮を用意しています。なお、遠方の生徒には、アパート・下宿を斡旋しています。

Q.通学方法は自転車と電車、それとも徒歩でしょうか

A.JR両毛線・上毛電鉄の駅から近く、電車・徒歩の方が多いです。また、太田方面からはスクールバスを利用する方もいます。

Q.男女比を教えてください

A.全体ではおよそ、6:4で男子が多いです。進学スポーツコースは男子のみです。
クラスの男女比はおよそ1:1です。(ただし、進学スポーツコースは男子のみ)二年次から各系に分かれて専門授業を受ける総合コースは、その系ごとに男女の割合は大きく異なります。

Q. 毎年何人くらいの人が入学しますか。クラス数は何クラスですか。

A. 今年度(2017年度)の新入生は442名です。現在の各学年別クラス数は、1年生:14クラス、2年生:13クラス、3年生:16クラスです。全体で1301名(4月現在)の生徒が在籍しています。

Q. 修学旅行はどこに行きますか。

A. コースにより異なります。2017年度については、特別進学コースがニュージーランド、総合コースがカナダ、製菓衛生師コースと調理科が台湾を予定しています。
進学スポーツコースが国内で強化キャンプになります。しかし国際情勢を考慮し安心安全を基本として、今後は訪問先変更を計画しています。

Q. 髪型は自由ですか。

A. 変形刈り、パーマ、染色・脱色、エクステンション等は禁止です。

Q. 携帯電話は持っていってもいいですか。

A. 学校内での使用は禁止です。朝のホームルームで担任の先生が回収し、終礼時に返却します。

Q. アルバイトは許可されていますか。

A. アルバイトは原則として禁止です。ただし、家庭事情等により許可された場合のみできます。

Q.部活は作れますか。

A.やる気のある生徒が集まれば作れます。最近では女子サッカー部やボウリング部が新しく作られました。
どのような部活動があるかは、「部活動」のページをご覧ください。

Q.部活動には必ず入らなければいけないのですか。

A.入部は自由です。できるだけ加入して有意義な高校生活を過ごしてほしいと願っています。

Q.学食はありますか。設置する予定はありますか。

A.学食はありませんが、お昼休みにパン販売をしています。校舎内に清涼飲料水の自動販売機も設置されています。

進学について

Q.大学進学においてはどのような大学へ進学していますか

A.特別進学コースは国公立合格が5割、その他有名私立大学へ合格しています。進学コースや進学スポーツコースも有名私立大学に合格者を出しています。
詳しくは「進路情報」をご覧ください。

Q.将来、看護師を目指しています。系列大学である桐生大学の看護学科への進学は可能でしょうか

A.可能です。高大連携特別指定校推薦制度があります。

校舎について

Q.特別進学コースの生徒が学習する西桐生キャンパスとはどこにあるのでしょうか

A.上毛電鉄の西桐生駅から徒歩1分です。図書館・自習室等の学習環境の整った校舎で、放課後は自習室が使え、教員も常駐しています。

Q.本校舎で学習するのはどのコースの生徒でしょうか

A.特別進学コースと文化教養コース以外はすべて本校舎になります。本校舎敷地内に新校舎が平成29年度中に完成します。実習系の特別教室等、整備された環境で学習できるようになります。

Q.文化教養コースはどの校舎で勉強するのでしょうか

A.桐桜学舎という独立した校舎で、少人数体制で学習します。専属のカウンセラーが常駐して、いつでも生徒の心のケアにあたります。
特別な学習体制ですので、詳しくは、直接、担当者にお問い合わせください(直通電話 0277-22-6100)。

ページの先頭へ移動