学校法人 桐丘学園 桐生第一高等学校

製菓衛生師コースのBLOG

イングリッシュ・スコーン2年製菓 & cup cake1年製菓

気温の上昇で実習室も高温となり、食材管理とバターなどが室温で溶けてしまうので大変な実習時期となりました。2年生はイングリッシュスコーンは、バターを冷やして使用するのでスピードが重要です。1年生はquick breadと呼ばれるぐらい簡単に作れましたが包装とカップに入れる細かい技術も勉強の一つです。

ページの先頭へ移動