学校法人 桐丘学園 桐生第一高等学校

製菓衛生師コースのBLOG

open school のご質問 その④ 保護者編

夏休みもあとわずかです。生徒も先生も二学期準備です。

今回もopen school参加保護者様からの質問に対してのご案内です。

 

Q高校生活で楽しく過ごすためには❓

Aまずは自分作り そして 仲間作りです。 ここにいる自分を大切にして桐生第一高校が 今の自分・これからの自分に一番適している高校と強く想う事です。

 

Q自宅でも調理練習必要ですか❓

A実習授業でしっかり聞いて考えていれば、自宅では復習のみで大丈夫です。 しかし主体性がなければ技術は伸びません。言われる前に気づき・動くです。

 

Q子供が楽しく有意義に高校生活を送るために保護者はどのような心構えがよろしいでしょうか❓

A保護者も一緒にたった三年間の高校生活を楽しみましょう。親が笑顔でることが子供の笑顔へ。製菓衛生師コース・調理科では保護者懇談会・実習授業参観・父母の会活動(文化祭・桐生祭り補導など)ご参加いただきたいイベントが多くあります。遠方の方が多いいですが是非ご参加をお願いします。 先日も桐生祭りの父母の会で街頭補導にクラス役員の保護者の方々がご参加していただきました。

追加・・・お弁当お願いします。(子供達の昼休み笑顔は そのお弁当です。)

 

Q遠距離通学の場合、保護者はどのような協力が必要ですか❓

A緊急の場合(体調崩して1人で帰れない等)はご来校いただいています。 又製菓衛生師コース・調理科は出席がとても大切ですので、状況によっては授業に間に合うよう保護者に送ってきて頂く場合があります。

 

Q授業料・諸経費・修学旅行積立などについて

A個々に、ご相談いただければご案内いたします。 学校で徴収する金銭については必ず保護者様へ案内状を生徒を通じて配布いたします。

 

Q夏季休み、土日など学校が休みに時にも実習室で練習していると聞きましたが、何人ぐらいの生徒が登校していますか❓

A夏休みは製菓部・調理部の活動がありましたので合わせて20名でした。三年生は国家試験受験の勉強のためクラスの半分は登校して教室で担当先生と勉強していました。 また実習室利用については必ず教員の許可と立会いが必要です。

Q三年間で一番印象に残っている調理は何ですか❓

A三年生の時の卒業制作です。調理科は1月最後の調理実習で生徒一人一人考えて作品を作ります。多くの保護者も参観に来ています。

ページの先頭へ移動